髪のために血の巡りを良くしたいと念じても

●意思とは無関係に働く、副交感神経の働きを高めること 

血液の質と血の流れに影響を与えるのは、食事だけじゃありません。神経の働きや精神状態もまた、血の流れを大幅に決定づけます。 人間の身体は自律神経系といった不随意神経系により、呼吸や循環、代尉など命の持続機能を抑制されています。

血行を調整するのも、自律神経系の役割です。自律神経系は、筋肉を動かす運動神経とは違う不随意神耗だから、意思の力でやめたり動かしたりすることはできません。

髪のために血の巡りを良くしたいと念じても、思うだけでは何ともならず、体内外の環境が催わないと良くならないのが血行というものです。よくあることだということですが、実はこれが大切な注視すべき点。

 自立神経系は、交感神経系と交感神経系という対照的な役割を持つ、2つの神経系から形作られます。 昼の間の活動期に中心で動くのが交感神経で、勉強や仕事。

家事、スポーツなど状況の変化に合わせ行動出来るような作用をします。肉体や精神が過敏に作用するには、それなりのプレッシャーが必須ですが、状況変化に準拠して、このプレッシャーを動かすのが交感神経の働き。強い外的刺激-ストレスを受けたときに最も活動的に作用します。 

一方の剛交感神経は、心身を安定化させ、休養させるのが役です。昼の間、緊張感にあった筋肉をゆるめて血管を広げ、栄養分や酸素か身体全体に広がるようにします。 

すなわち、この副交感神経がもう十分作用しているときに、髪に栄養が伝播され、きちんとした発育毛がなされてるわけです。では、副交感神経が満足いくまで動くのは、いつ頃なのか。

それは、心身が特にリラックスした状況にあるときつまりは、夜間の就寝時です。  午後10畤から午前2時の夜間帯を「ゴールデンタイム」といいます。

この時間帯には心と体いずれもリラックスして、健やかな髪をつくることをお心掛けください。  ヒトは、自分の意思の力でたくさんの時間眠らずに活動を続けることだって可能で、浴びるストレスにも辛抱強く持ちこたえられる生物です。ですが、意識の力によるそのような無理を続けることの代償は決して小さくないです。

過労や睡眠不足、いき過ぎたストレス等によって、意識とは無関係に働く副交感神経の働きを強引に抑え込んでしまうと、血の流れを悪くし、髪にも重大な悪影響をもたらしてしまいます。

アスロングシャンプー 購入