若返りに良いと流行っているルイボスティー

若返りに良いと流行っているルイボスティーではありますけれど、便秘にも成果はあるのだろうか?ルイボスティーの材料が便秘にも効果が見られるかどうであるのか検証してみました。

それから、ルイボスティーの原料の効果のほどの他にも、ルイボスティーの副作用や1日の摂取目安量なども紹介しているので是非参考にしてみてください。

ルイボスティーとは
ルイボスティーとは南アフリカ原産の、マメ亜科、アスパラトゥス属のルイボスというから摂取できる針状の葉をドライさせお茶にさせたものです。南アフリカの住人、コイ族、サン族の間で飲まれていたお茶です。

コイ族とサン族のすべての方がルイボスティーを飲用しているのではなく、ルイボスティーの好きな人、ルイボスティーをきらい人が部族の中においても分類されることになりますが、ルイボスティーを飲用している部族の方たちは若く、飲まない人たちは年老いて姿を現したことから、ルイボスティーが効果を発揮するお茶じゃないだろうかと調査されたのが、ルイボスティーが南アフリカ以外でも一般化される事態になった発祥になります。

時代も変化したようで世界的な規模で愛用されているルイボスティー、日本においても浸透され始めたお茶だということですね。スーパーなどでも楽に手に入るのも魅力のひとつではないでしょうか。

ルイボスティーの効果
ルイボスティーには美容効果や便秘解消が期待できるという話はよく聞きますが、どういった成分がそういった効果をもたらしているのでしょうか。

ルイボスティーに見られる特徴は主に

カフェインレス
低タンニン
ケルセチン
SOD
Tie2活性化で毛細血管老化防止
ミネラルが豊富(カルシウム、マグネシウム、亜鉛、銅、鉄、カリウム)

効果が期待されるベルタ・ルイボスティー・口コミが詳しく載っていました。